株で儲けたい! 基本編②:投資資金を準備する

日本は低金利が長く続いており、日本政府の借金を考えると金利が上る可能性は低いです。そのため手持ちの資金を増やすためには投資をする必要があり、そういう時に利用しやすいのが株式投資です。
株式投資は色々な応用がきくため、投資対象として利用しやすく個人投資家にも人気があります。

ではこのような投資を始めるためにはどうすればいいかというと、まず最初は投資資金を貯めることになります。投資をする時の資金は基本的に余剰資金でするべきで、生活のためのお金を投資に使うのは間違いです。
投資というのは損をする可能性もあるわけですから、生活で必要になるお金は投資に使ってはいけません。
投資資金は予め貯金などをしてためておき、ある程度手持ちの資金を持っておくことが重要です。
またこのような資金を貯めるときはついでに1~2年分の生活費も貯めておくとよく、そういうお金があれば何かあった時に便利です。

株式投資に慣れていない方はこのようなポイントに気づいておらず、それが大きな問題になることがあります。
投資をする時は精神を安定させることが重要で、そういうことをしておかないと効率のよいビジネスはできません。

例えば生活費を株式投資に使ってしまうと、損をした時に焦ってしまい判断を間違うことがあります。その点余剰資金で投資を行っておけば、そういう精神的な不安定さが出ないので安心して投資ができます。
株式投資をする時はある程度生活費を貯めた上で、投資用の資金を用意することが大事です。

最近は働いている会社がダメになることも増えていますし、生活をするための資金をとっておくことは重要です。
その上で投資用の資金を用意して株式投資ができれば、問題を抱えることなく投資をする事ができます。

株式投資で迷うことがあれば、投資顧問を活用することも考えましょう。投資顧問を選ぶ基準として、投資顧問の評価サイト等を利用するのも良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です