投資の基本、逆指値とは?

株式投資は、企業の株を買って売ることにより、その時の差額で利益を得るという儲け方をします。ただ、株価は常に変動しています、その中でどれだけ安く買えるか、どれだけ高く売れるか、そこにどれだけの資金を投入できるかということが利益を左右します。

この株の売買のときに成り行き注文と指値注文と逆指値注文という注文方法が3種類あります。
成り行き注文は、売買の価格を指定せずに、注文を出すというものです。どんな価格であってもその株を買いたい、売りたいというときに使います。3つの注文の中で1番優先されますので成立しやすいというメリットといくらで成立するかわからないといったデメリットがあります。

他の2つの注文方法は、どちらも売買したいと考える価格を指定して注文を出すというものです。考えや思惑があり、その価格でなければ売買は成立しなくてよいというときに使います。メリットやデメリットは成り行き注文の反対になります。ただし、指定する価格の意味が、指値注文と逆指値注文では違うので注意が必要です。
例えば、買うときに1,000円と入力したとします。指値注文であれば、株価が1,000円を下回ったとき買おうと動きますが、逆指値注文であれば、1,000円を上回ったときに買おうと動きます。

つまり、指値注文はなるべく安く買おうというもので、逆指値注文は高く買おうとしていることになります。これは、ある株価が、この価格を超えれば大きく上昇する可能性があるというようなときに使います。

逆指値注文は、知っておくと便利な注文方法です。売るときなどに使えばリスクを低減させることもできます。しかし、慣れないうちは、指値注文と間違えることがよくおきますので、両方の注文を近いタイミングで出す場合は十分な確認が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です